*

塗るだけ簡単にすね毛処理!除毛(脱毛)クリームの正しい使い方

投稿日:

脱毛クリームが簡単にすね毛処理ができる

みなさんは、すね毛の処理をどのように済ませているでしょうか?

大半は従来のカミソリ、毛抜きなどを使って処理している方が多いようです。しかし、昨今の脱毛ブームの影響もあり、すね毛を「剃る」、「抜く」といった方法以外にも、様々な方法が登場してきています。

中でも「脱毛クリーム・除毛クリーム」は、塗るだけで簡単に広範囲のすね毛を処理できるので便利で効率の良い方法です。脱毛クリームの商品の種類も市販・ネット販売等で種類が増えてきており、売れているといえます。

「剃る」、「抜く」といった従来の処理方法は、肌を痛めたり、毛包炎や埋没毛などのリスクもあり、デメリットな部分が多い印象でした。

それに対し、脱毛クリームはなるべく肌への影響が出にくい成分が配合されているため、比較的安全に使うことができます。

しかしながら、クリームの塗り残しですね毛がきれいに除毛されないといったこともあるため、脱毛クリームの正しい使い方をまとめてみました。

 

 

脱毛・除毛クリームとは?

脱毛クリーム 除毛クリーム

脱毛クリームも除毛クリームも特に違いはなく、すね毛を始めとしたムダ毛の処理に使われるクリームのことです。

脱毛(除毛)の効果を発揮するクリームは、チオグリコール酸カルシウムといったアルカリ性の成分が配合されており、ムダ毛を根元から溶かして抜き切るといった仕組みになっています。クリームを塗ることによって、毛のタンパク質を分解してチリチリにして抜けやすくするのです。

クリームの有効成分が毛穴の深くまで浸透して、毛の深い部分から除毛できるため、処理後の肌もツルツルで見栄えがよく、再び生えてくるまでの期間も長めなので、すね毛等の外から見えるムダ毛の処理には最適な処理方法といえます。

 

 

脱毛クリーム処理におけるメリット・デメリット

メリット

・塗布するだけで簡単なため、失敗しにくい。

・自宅でいつでも手軽にできる。

・一度に広範囲のすね毛処理ができる(すね毛以外の他のムダ毛もOK!)

・クリームを塗ってから5分~10分程度の短時間での処理が可能

・脱毛クリームを塗っても、特に痛みや痒みもない

・毛を分解するので生えてくる毛先が丸くなってチクチクしにくい

 

デメリット

・脱毛クリームといっても永久脱毛のような効果があるわけではない。

・毛の根元の深くまで溶かすが、毛根部分は残るため時間の経過で再び生えてくる。

・まれにクリームが肌に合わず、肌トラブルになることがある

・毛の生え方が早い人はコスパが悪くなる

 

 

最適な脱毛クリームの選ぼう

脱毛クリームを成功させるには、自分の毛質や肌質にあったものを選ぶことが肝心です。

脱毛クリームも種類が豊富で、毛質の強い男性向けの商品や肌の弱い女性向けのクリームなどがあります。肌が弱い女性が男性向けの脱毛クリームを使うと、除毛効果が強い反面、肌に悪い影響が出る可能性もあります

また、市販だけに限らず、ネット通販でも様々な商品が販売されているので、ドラッグストアだけで商品を選ぶのではなく、ネットなども調べてみて、自分に合った脱毛クリームを選びましょう。

この段階でチョイスを間違うと、上手く脱毛できない可能性が高まります。

 

 

脱毛クリームを使った正しいすね毛の処理方法

◆脱毛クリームを使う前に必ずパッチテストをする

脱毛クリーム パッチテスト

肌に負担をかけない良い方法があるなら試してみたい!と思われると思います。

それなら、脱毛クリームを使う前に「パッチテスト」を済ませておくのがよいでしょう。

パッチテストというのは、脱毛クリームの成分が肌に合うかどうかを確認するためのテストです。このテストを怠ると、クリーム使用後に痒みや赤みが出て苦しむことになるので、必ず行いましょう。

やり方は簡単です。

すね周辺でもいいですが、腕などやりやすい部分で大丈夫です。皮膚の柔らかい場所に、使用する脱毛クリームを塗ります。

塗る量は、あまり多すぎず、10円玉程度にとどめておきます。そして、この状態で1日放置します。

1日たったら、洗い流して、「痒み」「赤み」が出ていないかどうかチェックします。

異常が出た場合は、肌質に合わないということなので、使用は控えたほうが賢明です。合わない場合は他の脱毛クリームで同様にテストを試して、肌に最適なクリームを見つけるのがよいでしょう。

もし、ご自分でパッチテストが難しいと言う場合は、皮膚科を受診することで正確な診断を行うこともできます。

 

 

◆使用前には入浴して毛穴を開いておく

脱毛クリームの口コミを見てみると、「根元のほうが残ってしまい、失敗した」という方がいるようです。

これは、脱毛クリームで根元の部分まで届いておらず、毛穴の深くまで除毛ができていないということが原因です。寒かったり、毛穴が汚れていると、脱毛クリームの成分が毛穴深くまで浸透しない可能性もあります。

脱毛クリームを使用する前に、しっかりと湯船につかって身体を温めて血行をよくしましょう。毛穴が開き、毛穴を覆っていた皮脂なども取り除かれる為、脱毛クリームの成分が根元までしっかり浸透するようになります。

入浴後は、普段以上にしっかりと水分を拭き取りましょう。水分が残っていると、脱毛クリームの成分が薄まって、効果が下がってしまいます。ここは注意が必要です。

 

 

◆クリームを塗る時のコツはラップをすること

脱毛クリーム ラップ

準備ができたら、脱毛クリームを脱毛部分に塗っていきます。気になるすね部分にまんべんなく脱毛クリームを塗ります

クリームを塗る際は、付属のヘラを使って塗り広げていくことが多いですが、聞き手と逆の足に塗るのが難しい場合などにはゴム手袋をはめた手で塗る方が塗りやすいと思います。

塗る量は、すね毛と肌を覆う程度の量で十分です。必要以上に厚塗りにしても、得られる効果に違いはありません。とはいっても、塗り残しをするよりは多少塗りすぎな方がいいでしょう。

脱毛クリームを塗り終わったら、「ラップ」を巻きつけます。ここがコツであり、ポイントです。

ラップを巻いてあげることで、脱毛クリームの成分が根元までしっかり浸透します。いつも根元が残っていまう…という人は、ラップを巻くことで失敗を防ぐことができます。

そして、この状態で5~10分程度待ちます。商品によっては、5分と書いていますが、10分以上放置したほうが、確実です。

 

 

◆最後に脱毛クリームをきれいに落とす

脱毛クリーム 拭き取る

10分程度放置したら洗い流すわけですが、いきなりシャワーなどで洗い流してはいけません。

まずは、ティッシュなどでしっかりと無駄毛を拭き取りましょう。

脱毛クリームを使ったからといって、実際にすね毛が溶けて消えるわけではありません。毛が脆くなって、普段よりも抜き取りやすくなっている状態です。

そのため、最初にティッシュで無駄毛を抜いてあげてから、シャワーで洗い流すほうが、根元にムダ毛が残らず綺麗に仕上がります。

洗い流しても取り除けない毛は爪などでこすると抜けます。

以上のようなことを気をつけながら、脱毛クリームを使えば、失敗せずにムダ毛処理ができます。

 

 

脱毛・除毛クリームを使用する際の注意点

脱毛・除毛クリームは、タンパク質を分解する効果があるため、毛だけでなく、肌にも若干の負担をかける可能性があります

中には刺激が強くて肌がヒリヒリすると感じるクリームなどもあるので、使用する前には必ず目立たない場所でパッチテストをするようにしましょう。

すね毛に使う際は、足の傷やデキモノの上に塗らないように気をつけましょう。

また、脱毛・除毛クリームが使用できるのは、すね毛や他の体のムダ毛のみです。顔やデリケートゾーン等の皮膚が薄い、あるいは弱い部分には絶対に使用しないようにしましょう。

 

 

男女兼用!オススメしたい脱毛・除毛クリーム

ゼロファクター 5αSVリムーバー

ゼロファクター 5αSVリムーバー

 

 

NULLリムーバークリーム

NULLリムーバークリーム

 

 

ソランシアリムーバークリーム

ソランシアリムーバークリーム

 

 

-脱毛クリーム 使い方

Copyright© すね毛脱毛コム , 2018 AllRights Reserved.