*

すね毛を剃るとより濃くなる!?簡単にできるすね毛の正しい剃り方と注意点

投稿日:2017年8月7日 更新日:

すね毛 処理

すね毛に悩む男性の皆さんは、すね毛をどう処理していますか?

オーソドックスな「剃る」という方法以外にも、「抜く」、「バリカンで刈る」、「クリームで除毛する」という方法などもあります。最近では「脱毛サロンに通う」、「すく」方法を選択する人も増えてきているようです。

しかしながら、大体の人が「剃る」という選択肢を選んでいると思います。

では、すね毛を剃るときにどのようなことに気をつけ、どんな方法で剃っていますか?

「すね毛を剃る」ということは、結構デリケートなことなので、間違った方法ですね毛を剃ると肌へのダメージが大きく、場合によってすね毛が余計に目立つこともあります。

そのため、すね毛の正しい剃り方を知ることが重要になってきます。

 

 

本当にすね毛を剃ると濃くなるの?

すね毛を剃ったら濃くなる?

これは、すね毛に限らず、体毛全般によく聞く話ですね。実際は、すね毛を剃っても大きく変化があるわけではありません。

しかし、間違った方法で毛を剃ることで、毛が太くなる可能性があるようです。

間違った方法というのは、肌を傷つけるような負担の大きい剃り方をするということです。カミソリなどで肌が傷つくと、肌を毛で守ろうと作用して毛が太くなる可能性があるのです。

これが、「毛を剃ると濃くなる」といわれる所以です。

そのため、毛が太くならないように正しい方法ですね毛を剃るようにしましょう。

 

 

実践!肌に優しいすね毛の正しい剃り方

すね毛 剃り方

それでは、すね毛の正しい剃り方について手順に沿って説明していきます。

①毛穴を広げる

まずは、足全体を温水で温め、汚れを落とし、皮膚表面の毛穴を広げます。お風呂に入って身体を温めるのがよいでしょう。身体が温まると毛穴を広がるとともに、すね毛一本一本が柔らかくなって剃りやすくなります。

 

②シェービングクリーム(ローション)を塗る

次に、毛を剃る部分にシェービングクリーム(ローション)をまんべんなく塗ります。シェービングクリームを塗ることでクリームの成分がすね毛に浸透して、毛がより柔らかくなります。

男性の場合、髭用のシェービングクリームを持っているかと思いますが、それで良いかと思います。身体用なども売ってると思いますが、カミソリと肌の摩擦を軽減するために使うので、同じ作用のある髭用でも十分活用できます。

 

③順剃りで剃る

シェービングクリームが浸透したら、すね毛をカミソリで剃っていきます。まずは、すね毛の毛流れに沿って順剃りで剃りましょう。特に長い毛を剃るときは逆剃りすると肌を傷つける原因なります。長いすね毛はハサミなどでカットしてから剃るようにしましょう。

 

④逆剃りで剃り上げる

順剃りで全体的に剃り終えたら、短く残ったすね毛を今度は毛流れとは逆方向に逆剃りをしていきます。逆方向で剃ることで、剃りにくい短いすね毛もきれいに剃り上げることができます。

 

⑤シェービングクリーム(ローション)を流す

すね毛を剃り終えたら、シェービングクリームを洗い流します。剃った毛が足に付着していることもあるので、足全体をきれいに洗い流しましょう。

 

⑥細かい部分はI字カミソリを使う

基本的には、T字カミソリできれいに剃ることができると思います。しかし、膝裏や足首、アキレス腱付近などの細かい部分にはT字カミソリでは難しいということもあります。場合によって、I字カミソリで剃ることも考えましょう。

 

⑦毛穴を引き締める

剃り終えた際は、毛穴が開いたままの状態です。毛穴に汚れが入ったりすることもあるので、水などで冷やして毛穴を閉じて、肌を引き締めましょう。

 

⑧肌のアフターケアをする

最後は化粧水や保湿クリームなどでアフターケアをしましょう。剃り終えたばかりの肌は、細かい傷がついていることもあります。肌ケアをしてダメージを和らげましょう。すね毛を薄くしたい場合、抑毛効果のあるローションを使うのも効果的です。

 

正しい方法ですね毛を剃ると、多くの手順が必要になってくることがわかりますね。これを守ってすね毛を剃ることで、きれいな足になるだけでなく、再び生えてくるすね毛が濃くなりにくくなる効果もあります。

 

 

すね毛を剃る際の注意点

すね毛 カミソリ

カミソリはT字か、I字か

一般的にカミソリには、T字カミソリとI字カミソリの2つがあります。T字カミソリは、ボディーや腕・足など体の広い部分に使用しするので、すね毛処理に最適です。またI字カミソリは顔の産毛や眉毛など細かい部分の処理に使うので、すね毛処理には不向きです。

すね毛を剃る際に、最適なカミソリはT字カミソリです。T字カミソリは髭剃りでも馴染み深いですが、一度に広い範囲の毛を剃ることができるので、剃る範囲の大きいすねなどの体毛の処理に使いやすいです。

しかし、すね毛を剃る際は膝下や足首付近などのデコボコした部分があるので、返ってやりにくいということもあります。そういった細かい部分にはI字カミソリを使うのが良いでしょう。

すね毛を剃る際は剃りやすさを考えて、カミソリを使い分けましょう。より剃り残しを少なくすることができます。

また、カミソリは消耗品なので古くなって切れ味の悪くなったカミソリで剃ると、余計な力が加わり肌にダメージを与えることになってしまいます。最低でも1カ月に1回は交換するようにしましょう。使わない時は、酸化しないように乾燥した状態で保存しましょう。

 

石鹸はシェービングクリームには不向き

シェービングクリームは、カミソリと皮膚の摩擦を軽減して滑りを良くするために使うものです。このシェービングクリームを石鹸やボディーソープなどで代用する人もいます。

しかし、これは間違った剃り方になります。

石鹸等に含まれる洗浄作用成分のために、皮膚の皮脂成分が奪われ乾燥肌へと悪化させる危険性があります。対して、シェービングクリームには保湿成分など肌を保護する成分が含まれているので、石鹸よりも肌に優しいのです。

 

長いすね毛はカットする

すね毛をする時、毛が長いならある程度の長さまでカットしておくのがよいでしょう。毛が長い状態でカミソリで剃ると、カミソリに毛が絡まってきれいに剃れなくなってしまいます。

ハサミやバリカンなどで少し切っておくと、剃りやすいというメリットもあります。

 

 

すね毛を剃ることのメリット・デメリット

メリット

すね毛を剃ることのメリットは、オーソドックスで簡単であり、リーズナブルなところです。

すね毛が気になったら家でもどこでも簡単にすね毛を剃ることができます。

道具もカミソリ1本とシェービングクリームだけでできます。カミソリ自体はそれ程高くなく、1000円程度で購入できます。また、替え刃やシェーピング剤、保湿クリームも必要になりますがムダ毛処理の費用としては比較的に安価にできます。

そして、なんといっても剛毛なすね毛がなくなってツルツルな足になることができます。ツルツルになってから再び剃らないといけない状態になるまで間隔が空くので、すね毛を処理する手間も少なくなるのもいいですね。

 

デメリット

一番のデメリットは、カミソリによる皮膚への傷がつく可能性がある点です。

間違った剃り方をしたり、カミソリが錆びていたりして皮膚の表面に傷がついてしまう可能性があります。傷から雑菌等が入ることで炎症を起こすということも考えられます。また、肌が傷つくことで、再び生えてくるすね毛が太く濃くなっている可能性もあります。

そして、すね毛のないツルツルな足は、女性からも賛否があり、人によっては「ツルツルは嫌だ」という意見もあるので、ツルツルだから良いというわけでもないようです。

 

 

まとめ

紹介してきたとおり、カミソリを使ってすね毛のを剃るという処理方法は、正しい方法で行うことで肌へのダメージを和らげることがことができ、きれいでツルツルな足を手に入れることができます。

しかも、カミソリなので簡単にリーズナブルにすね毛を剃ることができます。

しかし、その反面、何度も繰り返し剃ることでカミソリの肌へのダメージは避けることはできない可能性もあります。カミソリによるすね毛処理をするときはメリット・デメリットなどをよく理解した上で、なるべく正しい剃り方をすると良いでしょう。

 

 

-すね毛 剃り方

Copyright© すね毛脱毛コム , 2018 AllRights Reserved.