スポンサーリンク

【最新すね毛処理】すね毛をすきバサミで整える!すね毛の正しいすき方とは?

2018年4月12日

すね毛を「すく」とは?

すね毛 すく
近年、濃いすね毛は男なら当然!という時代ではあまりなくなりつつあります。

男性だって脱毛する時代、濃いすね毛なんてありえないと思っている女性も少なくないでしょう。

そんなすね毛処理なのですが、従来は「剃る」や「抜く」といった処理の仕方が主流でした。これらはどちらにせよ、すね毛がないツルツルの状態になるため、人によっては不自然に感じることもしばしばありました。

また、カミソリや毛抜きといった道具を使うことで肌荒れや毛包炎、埋没毛などのトラブルも想定しての処理となっていました。

しかしながら、最近すね毛の処理方法で新しい手法がでてきているようです。

それが、すね毛を「すく」という方法です。

これは、すきバサミやすきカミソリなどを使って、すね毛をある程度の長さに調整してきれいにするといったもので、すね毛の処理方法の一つとして男性に広まってきているのです。

 

 

すね毛を「すく」メリット・デメリット

すね毛 すく メリット

メリット

カミソリや毛抜きより自然な仕上がりに

すく」というのは、ヘアカットなどでも活用されますが、毛の長さをあえて不揃いにして全体を軽くしたり、毛の長さの長短のバランスを整えるといったことで使われます。

これは、すね毛の処理においても同様で、カミソリや毛抜きではツルツルになって不自然だし、ハサミやバリカンなどで整えても毛の長さが揃っていてこれも変に感じてしまいます。

そのため、「すく」ことですね毛を全体的に不揃いな長さにすることで、より自然な印象にすることができるということなのです。

美容師さんみたいに技術がないと使いこなせないと思っている人もいるかもしれませんが、適当に切っても大丈夫です!ハサミやカミソリを使うよりも適当にできて失敗のリスクが少ないのもメリットといえます。

 

肌へのダメージがない

「すく」処理は、主にすきバサミ、すきカミソリなどの道具を使うため、肌へのダメージがほとんどありません

カミソリのように刃を直接肌にあてるということはなく、肌と刃に一定の間隔を空けた状態で処理していくのです。

肌と刃が当たることがなければ、当然肌への刺激もなく、誤って切ってしまったり、肌荒れや肌の乾燥などを起こす心配もありません。

 

手軽に処理ができて面倒がない

カミソリで剃る場合はシェービングクリームが必要だったり、水やお湯などが必要になります。除毛クリームを使う場合にもクリームを塗る手間や流す手間がかかります。

それに対して、「すく」という処理は思い立ったら道具一つで手軽に処理することができます。

肌に当たることも少ないので、特に危険もなく、少し適当に扱っても処理でき、他の処理方法と比べても簡単です。

 

デメリット

「すく」という処理方法におけるデメリットとして以下が挙げられます。

・脱毛ではないので、定期的に処理が必要になる
・場所によっては角度が合わなくて切りづらい
・どんな風に切れるかなど想像通りに切れるコツを掴むまで難しい

他の処理方法と同様に、処理後に毛が伸びてくるのは当然のことです。そのため、ある程度伸びてきたら、その都度処理する必要が出てきます。

また、すきバサミを使うと、利き手と反対の足のすね毛を処理する際は、すきバサミを向ける方向や角度によってやりにくいといったことが出てくるかもしれません。

それと同じく、処理のコツや感覚に馴染むまで少し時間がかかり、どんな感じに処理するかを考えるため難しいこともあります。

 

 

すね毛の処理に最適なすきバサミ・すきカミソリ

すね毛 すきバサミ
すね毛を「すく」という処理には、すきバサミすきカミソリを使って行います。

チョキチョキとランダムに切ってしまっても、すくだけなので、ムラができにくく、自然な仕上がりにすることができます。

すきバサミやすきカミソリもいくつかの種類で販売されています。

では、すきバサミにどんなものを使えばいいのでしょうか?

100円ショップのすきカミソリ
最近では種類もかなり増えて充実している100円ショップですが、すきカミソリも売っています。すね毛の処理をするだけなので、できるだけ費用はかけたくないという人もいるでしょう。100円ショップのすきカミソリでもきちんとカットできます。

貝印のレッグトリマー
すね毛処理専用に作られたもので、形状としてはすきハサミとすきカミソリを合わせた感じでトリマーと呼ばれています。価格はリーズナブルな300円。刃先がスリムになっているので、すね毛が短くて剃りづらい箇所でもカットしやすいのが特徴です。

ギャッツビーヘアカットハサミ
男性化粧品でもおなじみのギャッツビーのヘアカット用のハサミなのですが、すきバサミとハサミのセットになっていて、すね毛処理にも使用できます。価格はちょっと高めで2030円です。

 

 

自然な見た目に!すきバサミでの正しいすき方

①すね毛を乾いた状態にしておく

まず、「すく」部分のすね毛は乾かしておきましょう。すね毛が濡れた状態だと、肌にくっついてしまい、やりづらくなります。

乾いてることで、ムラにならないように確認しながら処理を進めることができます。

 

②濃くて長い場合は櫛を利用する

すね毛が濃くて長い人はすきバサミを入れにくいので、櫛で持ち上げながらカットしていくとやりやすくなります。

長さの検討もつきやすくなってカットしやすいです。

また、櫛とハサミが合体したすきバサミやすきカミソリなども出ているので、そういったアイテムを使うというのもいいでしょう。

 

③連続で近い箇所をカットしない

綺麗に順番にカットして行きたくなりますが、近いところを続けてカットしていくと同じ箇所のすね毛を連続でカットすることもあります。

その際に一部の毛が薄くなりすぎてしまうことがあるため、若干間を開けてカットしていく様にしましょう。

 

④鏡でチェック!

すきバサミを使って部分的にすいていくため、近くで見ながらカットしていると全体がどうなっているかわかりにくくなります。

処理がある程度終わってきたら、最終的には足全体が映る鏡の前に立ってチェックしましょう。

人から見られた時にどう映るかという客観的な目で見ることができます。

すきバサミでのすね毛処理は、直に肌に触れるわけではないので、肌を保湿するなどのアフターケアは必要ありません。

長くなって濃く見える様になってきたら、また同じ様にすきバサミでカットすればOKです!

 

まとめ

すね毛を「すく」という最新の方法は、肌も痛めず、ツルツルにもならずに自然な見た目に処理することができます。

値段も手間も手頃にできるので、とても有効な方法だと言えるでしょう。自分ひとりでできて失敗する恐れも少ないということも心強い材料です。

暖かい季節になるとハーフパンツを履いたり、水着になったりと露出が増える時期になるため、すね毛のケアは重要になってきます。

現状、まだ「剃る」や「抜く」といった方法でのすね毛の処理を行っているという方が多いでしょう。

しかし、より自然な印象のすね毛のために、「すく」という処理を試してみてもいいかもしれません。